妊娠中

お茶が入っている青汁ってどんなもの?

青汁1つとってもその原材料は様々で、中にはお茶が入っているタイプもあります。

お茶の成分が入っている青汁商品http://www.catalunya-lliure.com/curs/tut.htmlは複数あり、抹茶や緑茶の他にも桑茶等があります。
一般的に多いのが緑茶成分が入る商品で、緑茶に含まれる有機成分で青汁の緑黄色野菜を抑止してくれます。
そうする事で皆さんが選ぶときに考えてしまう「青汁のクセ」を和らげる事が出来るので、苦味などが苦手な人でも美味しく飲む事が出来るようになるのです。
緑茶にはカテキンが含まれており、そのカテキンの働きによって血圧予防や抗酸化作用、風邪を引きやすい体質の改善や口臭予防等の効果を期待出来ます。

緑茶が配合されていない青汁も多く市販されていますが、青汁の粉を緑茶で溶くことで似たような効果を得る事が出来ます。
ケールや大麦若葉等に付着する農薬が気になるようでしたら、無農薬栽培のものを購入し、自分で作ってみるのも楽しいです。
自宅で手作り出来るのも青汁の良いポイントです。
青汁をおいしく飲むには工夫することが大切です。
しかし緑茶等のお茶と混ぜる場合、お茶の温度が高すぎる場合には青汁に含まれる成分を無駄にしてしまう可能性があるので冷たいお茶で溶く様にします。
そして緑茶もお茶の仲間ですから、摂り過ぎるとカフェインが含まれているので注意しましょう。

このページの先頭へ