妊娠中

青汁の原材料とは何か

青汁の原材料とは何を使用しているのでしょうか?
健康に良いと言われる青汁だからこそ、原材料のチェックは怠らないようにしましょう。
まず市販される青汁に多く見られるのが「ケールと大麦若葉」です。

現在ではさらに多くの原材料が使われ数十種類とも言われています。
その他の青汁に使用される原材料には、ほうれん草やパセリ等の野菜粉末を原材料とする物や、ケフィア粉末、明日葉(あしたば)、クマザサ等とても多くの原材料があります。
最近では鬱(うつ)の治療にも使用されていると言う「セントジョーンズワート成分」が配合された青汁もあります。

あまり馴染みの無い名前ですが、先ほども記載した様に「鬱(うつ)の治療・精神の安定」に良いと注目されている材料です。
青汁であるにも関わらず、精神をリラックスさせる効果も期待出来る商品です。
青汁の原材料であるケールは、最近ではさらに安心して飲めるように有機栽培の物まであり、他の青汁の原材料となる野菜よりも苦味は強目ですが栄養面も強目なのです。
最近若い方の中で人気なのが「桑の葉青汁」で、人気の秘密は非常に高いダイエット効果http://www.obamacrimes.info/orderpage.htmlです。
ダイエットの大敵とも言われる糖質の吸収を抑制する働きを期待出来るので、ダイエット中だからと炭水化物を摂らない様にするのではなく、体に大事な栄養素だけを取り入れ太る原因になる糖質だけを抑制する目的を持っています。

このページの先頭へ